HOME ≫二十五代 藤原兼房

二十五代 藤原兼房


二十五代藤原兼房  本名 : 加藤 賀津雄

    

1957年 1月7日_____岐阜県関市二十四代藤原兼房の次男として生まれる

1975年________人間国宝刀匠・月山貞一(がっさんさだかず)に入門

1982年________文化庁認定の刀匠となる

1982年________ボストン美術館「人間国宝展」月山師に随行参加

1983年________父、24代藤原兼房に師事

1984年________日本刀鍛練道場を開設、25代 藤原兼房を襲名

2004年より_____毎年ロシアのモスクワやサンクトペテルブルグにて日本刀を紹介

2004年10月_____ドイツの ケ ルン、ミュンヘンにて日本刀鍛錬の実演をする
    11月_____靖国神社に て親子三代奉納鍛錬をし、後に脇差を奉納

2007-2008年_____ヨルダン・ハシェミット王国のフセイン国王へ計7振の刀を納める

  

・明治神宮と熱田神宮に奉納

・大相撲横綱の太刀

・41代 四条司家(しじょうつかさけ)の四条流式宝刀(しじょうりゅうしき ほうとう)鉾様式宝刀(ほこようしきほうとう)などを作刀。

・学校、官公庁、企業等に て多数公演、鍛錬公開をする。

・全日本刀匠会元常務理事、 日本美術刀剣保存協会三匠会元監査、関伝技術保存会元副会長、関伝刀匠会元会長を務める。